空調自動制御装置のメンテナンスサービス|中央計装株式会社

MESSAGE代表あいさつ

円滑な人間関係が
あってこその技術力

代表取締役|吉江 昭 建物の空調自動制御システムのメンテナンスサービスを中心に1971年に発足した弊社は、これまで数多くの建物の空調設備の運用、保守、点検に関わってきました。

今では空調設備のメンテナンスだけではなく、空調設備やセキュリティ設備の施工管理、空調設備から得たデータの検証、省エネルギー化につなげる施策の実施など、建物設備の施工から運用、保守、点検、そして検証にいたる工程を一貫して担える会社として成長いたしました。
ここまで弊社が発展して来られたのは、ひとえにお客様のご愛顧と弊社と関わってくださった皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

ひと昔前までは電気式、空気式だった空調設備のほとんどがインテリジェント化された方式に代わり、建物の利便性や省エネルギー化と引き換えに、システムはより複雑さを増してきています。

そのため、建物の快適空間をこれから先何十年と維持していくためには、空調設備の計装自動制御システム全体を正しく理解し、建物の現状を正しく把握する力、不具合の根本的な原因を突き止め素早く対応する力、システムの中に蓄積された膨大なデータを検証し、省エネルギー化を施す力、といった空調設備に関する「総合的な技術力」が必要不可欠になってきます。

また、技術力を持っているだけでは不十分だと弊社では考えております。計装業界における技術力の根本は「人と人とのコミュニケーション」にあると思うのです。

大きな建物の管理は多くの業界の方々が関わってはじめて成り立つものです。お互いに密なコミュニケーションを取り合い、円滑な人間関係があって初めて計装業界の技術力は生きてくるものだと思います。

弊社では、発足から今日まで一貫してきた「人」「技術力」「社会貢献」という3つの軸をベースとした総合的な技術力を強みに、これからも快適なビル空間を創り出すプロフェッショナル集団として社員一丸となってお客様に貢献してまいります。

今後もさらなるご支援、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。


代表取締役 吉江 昭